『ゴリラの冷や汗』Team GATHER Project (著)の書評まとめ


単行本1404円

書評

14期連続2桁増収、7期連続増益。そんな急成長を遂げ続けている西日本の食品スーパーエブリイ。そのエブリイが人員配置などのために利用している類人猿分類(GATHER)に関する話を、オールカラー112ページの冒険譚を絵本にすることで表現した本です。
「ガイアの夜明け」(2015年6月23日放送分「快進撃スーパーの裏側 驚きの人材力!」)で紹介されたことにより一気に知名度が上がり、現在爆発的に売れている本になります。

類人猿分類とは、
1.自分の感情を表に出すかどうか
2.物事の追求や成果と安心・安定とどちらを大事にしているか
という2つの質問によって人をオランウータンタイプ、ゴリラタイプ、チンパンジータイプ、ボノボタイプの4分類に分ける分類のことです。


職人気質のこだわり屋 オランウータンタイプ

自分の感情を表に出さないを選び、物事の追求や成果を重視する人がこのタイプに分類されます。
オランウータンタイプの長所は論理的能力に優れ、一つのことを極める集中力があることです。
逆に短所としては、理屈っぽく、感情を表に出さないことが挙げられています。


平和主義の安定志向 ゴリラタイプ

自分の感情を表に出さないを選び、安心・安定を重心する人がこのタイプに分類されます。
ゴリラタイプの長所は、何かを準備をする際に慎重・丁寧に準備をすることやルーティンワークを嫌がらずにきっちりと仕上げられることです。
逆に短所としては、自己主張をしないことが挙げられています。


勝ち負け重視の積極派 チンパンジータイプ

自分の感情を表に出すを選び、物事の追求や成果を重視する人がこのタイプに分類されます。
チンパンジータイプの長所は新規開拓が得意であることと社交性が高いことです。
逆に短所としては、攻撃性が高く、飽き性であることが挙げられています。


空気が読める話好き ボノボタイプ

自分の感情を表に出すを選び、安心・安定を重視する人がこのタイプに分類されます。
ボノボタイプの長所は思いやり能力が高いことです。
逆に短所としては、感情的な判断を行いがちであることと、人に依存してしまうことがあることが挙げられています。


所感

ゴリラの冷や汗ではこれらの類人猿分類をどうやってやるかという話ではなく、それぞれのタイプが割り当てられた4人のキャラクターが互いに協力し合うことで成功体験を積んでいく様子が描かれていきます。それらの様子は、実際の会社生活に置き換えて起こる衝突・協力などの想像を掻き立ててくれることでしょう。
読みやすい寓話としてこの本を読むことで想像を膨らませ、例えば誰と誰を協力させて仕事をさせるとプロジェクトを上手く運営してくれそうだと考えたり、例えばAさんとBさんがお互い嫌悪感を持っているようだけど、Aさんが抱いているこんな感情のことをBさんに説明すれば仲を取り持つことができるかもと考えたり。
分類が簡単であるが故に他の人がどのタイプであるか想像がつきやすいため、本から得たインスピレーションを使って仕事のアサインの仕方を考えたり、人間関係を上手くやる方法を考えたりという応用に繋げやすいというのが類人猿分類の秀でている部分だと思います。

また、この類人猿分類を行うことで、適切な性質を持った人が適切な業務に当たっているのかを確認することも出来るでしょう。
例えば、エンジニアであれば最も典型的なのはオランウータンタイプでしょうし、バックヤード業務ならゴリラタイプ、営業ならチンパンジータイプ、カスタマーサポートならボノボタイプなどなど。
最も典型的なタイプだけがその業務に当たるのが理想的だとは思いませんが、例えばエンジニアなのにボノボタイプなんて人は確実にストレスが溜まるし、その人が出せる力を十全に発揮することは出来ないでしょう。典型的な組み合わせだけにしないことでダイバーシティーを担保するという考えは有用でしょうが、とはいえ職種とタイプの間に禁忌となるような組み合わせが存在し、そうゆう人員配置にならないようにするというのは上手いやり方のように思えます。
明確には言及されていないですが、エブリイの従業員満足度と圧倒的成長はそのような禁忌を避ける人員配置をきっちりとやり切っていることによって達成されているんじゃないかなと妄想したり。

ちなみに私は間違いなく仕事への取り組み方や長所などから察するにオランウータンタイプなのですが、割と感情を表に出す人だったりします。感情を表に出さないことではなく感情を表に出し過ぎることを欠点とされることもしばしば(汗)
まぁ、時々そうゆう変なのも混じっているので必ずしも類人猿分類で割り切れないケースというのもあると思うのですが、それなりの高い精度と扱いやすさなどからなかなか面白い手法だなと思いました。


この記事へのトラックバック

『ゴリラの冷や汗』 Team GATHER Project(著), YUKARI(イラスト)
Excerpt: 「Team GATHER Project」の著書『ゴリラの冷や汗』を読みました。 [ゴリラの冷や汗] 職場の人に紹介されたので読んでみました。 -----story------------- テレ..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2015-10-07 21:51